Huluオリジナル「THE HEAD」 2020年春 配信スタート


Huluオリジナル「THE HEAD」
エミー賞受賞プロデューサー総指揮のもと
南極を舞台にした極限サバイバルミステリーが始動
日欧共同製作による規格外の国際ドラマHuluが参画
日本からは山下智久が抜擢!

ヨーロッパ最大級の制作会社であるTHE MEDIAPRO STUDIOが主導し、オンライン動画配信サービスHulu も製作に参加する超大型国際連続ドラマ「THE HEAD」(全6話)。辺境の地にある南極の科学研究基地を舞台に“極限サバイバルミステリー”を展開する本作は、2020年春(予定)に日本国内で「Huluオリジナル」の連続ドラマとして配信するほか、ヨーロッパの主要放送局や、中南米、HBO Asiaが網羅する23の国と地域での放送、そして各国の配信プラットフォームでの同時公開もすでに決定しています。エミー賞も受賞した世界的ヒットドラマ「HOMELAND/ホームランド」(※Huluにて配信中)のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたRan Tellem(ラン・テレム)が製作総指揮を務め、日本からも山下智久がメインキャストの一人として出演する。

 

山下智久テネリフェ島国際取材会に参加
「今ではファミリーのような感覚」という国際色豊かな共演陣から絶賛の声を送られる

撮影地の一つであるスペイン・カナリア諸島のテネリフェ島にて、現地時間9月13日(金)に国際取材会を開催。各国から取材陣が集まる中、山下をはじめ、Katharine O’Donnelly(キャサリン・オドネリー/イギリス)、Alexandre Willaume(アレクサンドル・ウィローム/デンマーク)、Laura Bach(ローラ・バッハ/デンマーク)、John Lynch(ジョン・リンチ/イギリス)、Álvaro Morte(アルバロ・モルテ/スペイン)、
Amelia Hoy(アメリア・ホイ/アメリカ)ほか、総勢11人の主要キャストがインタビューに応じました。

1つのテーブルだけで8言語!? 山下が「ザ・インターナショナル」な現場で得た貴重な経験を報告
 国際色豊かなキャスト・スタッフに囲まれ、物語において極めて重要な役どころである研究員Akiを演じている山下。劇中で全編英語のセリフにも挑戦している彼は、通訳一切ナシの取材会でも流暢な英語で堂々と受け答えをし、国際俳優の風格を漂わせました。
 取材会では、撮影に参加して約2カ月経つ山下が「この作品のチームは“ザ・インターナショナル”。キャストの皆さんと一緒にランチをしているときも、1つのテーブルで合計8言語も話せるんです!」と“異文化が交錯する様子”を明かし、「来たばかりの頃は、たまに不安になって戸惑うこともありました。皆さん、優しくて素敵な方ばかりなんですけど、やっぱり文化の違いもありますし、言語的にもうまく伝わらないこともあって…」と素直な心境を告白。と同時に「キャスト・スタッフとの距離が縮まるにつれて、それも徐々に改善されていき、当初よりはお互いにコミュニケーションをしっかり取れるようになったんです。このチームとは撮影や食事など、ずっと時間を共にしているので、今ではファミリーのような感覚になってきましたし、すごく大切な仲間です」と、日々の手応えを報告しました。
 また、取材会の感想を尋ねると「こういう取材は初めてで緊張しました。日本と違って段取りが細かく決められていないので、臨機応変能力が問われるというか…(笑)。でも、キャストの皆さんも普段通り柔らかい雰囲気だったし、僕も自然な状態で参加できました」と山下。その表情は日本出国前よりも精悍さを増していました。

 

「THE HEAD」チームがフランス・カンヌへ
世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPCOM」でトークイベント!

山下智久が国際色豊かな仲間たちと共に流暢な英語で撮影秘話などを披露

世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPCOM – The World’s Entertainment Content Market」に「THE HEAD」チームが登場!
山下智久、Katharine O’Donnelly(キャサリン・オドネリー/イギリス)、Alexandre Willaume(アレクサンドル・ウィローム/デンマーク)、Laura Bach(ローラ・バッハ/デンマーク)、監督のJorge Dorado(ホルヘ・ドラド)、そしてRan Tellemが、現地時間10月15日(火)にトークイベントを行いました。

「愛する気持ちがアキを突き動かしている」――山下が披露した裏話に来場者も興味津々
「MIPCOM」は毎年10月に開催されている一大国際イベント。世界中のテレビ業界から関係者が集まり、高水準の新番組や新フォーマットの上映や売買、さらにエンタメ業界をより進化させる会議やイベントも行われる貴重な機会として、注目を集めています。そこへ今回、「THE HEAD」のチームも参加し、超大型国際プロジェクトの醍醐味などをアピール。新たな刺激を求めてやまない業界関係者を魅了しました。
 唯一の日本人出演者である山下は、国際色豊かな仲間たちとともに、自身初となる「MIPCOM」でのトークイベントに登壇。「初めて経験する環境だったので、最初はどのようにコミュニケーションをとろうかと心配していましたが、キャスト・スタッフがとても素晴らしく、サポートしてくれて、2カ月半一緒に過ごし家族みたいになれました。僕が演じるアキは頭が良くて芯が強い人です。この作品は人の感情のコアな部分を描いているので、共感してもらい、楽しんでもらえると思います」と役について語り、各国から来た来場者の興味をそそりました。またMCから、この役をどのような気持ちで演じたか?の質問には「LOVE(愛)です。アキはマギーのことを愛していて、その気持ちが彼を突き動かしています。彼はいつも直感に従っている。ロマンチックすぎるように聞こえるかもしれないけど、本当にそう思うし、真面目に言っています。」と、会場を温かい空気で盛り上げながら、作品の魅力を全力で伝えました。