Hulu News&Information
検索メニューを閉じる
検索メニューを開く
配信情報はこちら!

審査員長・沖田修一監督、審査員・橋本愛が就任 “35歳以下” 映像クリエイター発掘&育成プロジェクト Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ 開催決定

  • コンテンツ

35歳以下を対象とした新世代の映像クリエイター発掘&育成プロジェクトHulu U35クリエイターズ・チャレンジ(通称:HU(エイチユー)35)」2021331日(水)から20223月にかけて開催いたします本プロジェクトの審査員長には沖田修一監督、審査員には橋本愛の就任が決定。併せて、YOASOBI「夜に駆ける」のMVなどを手掛ける若手人気アーティスト・藍にいなの書き下ろしによるプロジェクトロゴとキービジュアルも解禁します。

「Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ」は誰もがスマートフォン1つで簡単に映像作品を作り、発表できるようになった現代ならではの創造力に富んだ若きクリエイターたちとともに新しいエンターテインメント作品を発信することを目指して、Huluが新たに立ち上げる一大プロジェクトです。

応募資格は「35歳以下であること」。企画力と熱意があれば、プロ・アマを問わずご応募いただけます。

本プロジェクトの特徴は、選考で選ばれた5名が実際に自分の企画を映像化することができ、配信まで約束されていることです。複数回の選考を経て選出された5名のファイナリストは、制作費1000万円プロの映画制作チームのサポートを受けて、自ら監督・脚本を務める作品の制作に挑戦することになります。完成した短編5作品は、ファイナリストたちの制作過程に密着したドキュメンタリー番組とともに来春にHuluで独占配信され、最終審査によってグランプリ作品を決定。グランプリ受賞者には賞金100万円とHuluオリジナル新作の監督権が贈られ、さらなる活躍のサポートまで確保される、発掘と育成を両立したプロジェクトとなっています。

審査員には各界で活躍する豪華な面々が集結。審査員長には『南極料理人』(09)『横道世之介』(13)などで知られ、今夏には最新作『子供はわかってあげない』の公開が控えるなど、日本映画界の第一線で作品を撮り続ける沖田修一監督、審査員には最近では歌手活動にも注目が集まるなど、マルチな活躍を見せる女優の橋本愛を迎えます。本プロジェクトへの参加にあたって「僕はまだ44歳なので、たいして歳が変わりません。変わらないと思っていますがどうなんでしょう。映画は企画の段階が特に楽しいです。夢いっぱいです。こんな映画があったらいいのにと、わいわい話す時がどれだけ楽しいか。考えるのはタダ。自由な発想で、自分も負けてられないと奮い立つような、たくさんのアイディアに会えるのを楽しみにしています。」(沖田)、「審査員、という響きに恐縮してしまうのですが、今の難儀な時代を共に生きている人が今、どんなものを生み出すのかとワクワクしています。芸術をゼロから創ることは、壮絶なことです。その壮絶な修羅をくぐった作品を見ることができたとき、私はそこにないものよりも、そこにあるものに目を凝らして、向き合いたいと思います。」(橋本)とそれぞれコメントし、新たな才能との出会いに期待を寄せました。審査員には今回発表された2名のほか、さらに2名の就任が決定。来月、4月中旬に発表いたします。

さらに、プロジェクトの顔となるロゴとキービジュアルは、東京藝術大学在学中ながらYOASOBI「夜に駆ける」MVや米津玄師「カナリヤ」MV内アニメーションなど数々の話題作を手がける気鋭の若手アーティスト・藍にいなが新たに書き下ろしました。若きクリエイターたちの創造力を刺激するような色彩豊かで独創的な世界観でプロジェクトを彩ります。藍にいなは本プロジェクトについて「創作をしている人の様は、その体の何倍も大きな妄想という怪物を背負って勝負し続けているように見えて、とても好きです。それはクリエイターにとって大事な友達であって、孤独そのものでもあると思うんです。その自分の孤独を使って挑戦していくことは容易ではないけど、だからこそ世界と深く繋がっていける。自分もそう生きていたいし、同じように挑んでいるクリエイターを応援したいです。このイラストが、その挑戦に少しでも寄り添う存在になればと思います。」とコメントを寄せています。

各界を代表する豪華審査員と若い世代の支持を集めるアーティストを迎え、配信サービスHuluならではの独自の審査プロセスを採り入れた本プロジェクトの立ち上げにあたり、自身もU35世代である企画プロデューサーの中村好佑は、

「誰でも気軽に映像が作れる時代なのに、なぜエンタメ作品を作れるチャンスはこんなにも少ないかと感じることがあります。『いつか自分の作品を作るために』と日々努力を積み重ねている私と同じU35世代のクリエイターと、“本当に面白い”と思う作品を一緒に作っていきたい。その想いから、Hulu U35クリエイターズ・チャレンジを立ち上げました。皆さんの「オリジナリティ」「アイディア」「キャラクター」を盛り込んだ、これまでに見たことのない【ストーリー】を教えて下さい。是非、一緒に作り上げましょう!」と、コメント。これからのエンタメ界を切り拓く、若きクリエイターたちとのチャレンジに期待を込めました。

ついに始動した、エンタメ界注目の新プロジェクトの続報を今後も発信して参ります。

▼以下、コメント全文▼

沖田修一(審査員長)

「Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ」の審査員長を務めさせていただきます、沖田修一です。僕はまだ44歳なので、たいして歳が変わりません。変わらないと思っていますがどうなんでしょう。映画は企画の段階が特に楽しいです。夢いっぱいです。こんな映画があったらいいのにと、わいわい話す時がどれだけ楽しいか。考えるのはタダ。自由な発想で、自分も負けてられないと奮い立つような、たくさんのアイディアに会えるのを楽しみにしています。

橋本愛(審査員)

審査員、という響きに恐縮してしまうのですが、今の難儀な時代を共に生きている人が今、どんなものを生み出すのかとワクワクしています。芸術をゼロから創ることは、壮絶なことです。その壮絶な修羅をくぐった作品を見ることができたとき、私はそこにないものよりも、そこにあるものに目を凝らして、向き合いたいと思います。

藍にいな(プロジェクトロゴ・キービジュアル担当)

創作をしている人の様は、その体の何倍も大きな妄想という怪物を背負って勝負し続けているように見えて、とても好きです。それはクリエイターにとって大事な友達であって、孤独そのものでもあると思うんです。その自分の孤独を使って挑戦していくことは容易ではないけど、だからこそ世界と深く繋がっていける。自分もそう生きていたいし、同じように挑んでいるクリエイターを応援したいです。
このイラストが、その挑戦に少しでも寄り添う存在になればと思います。

中村好佑(Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ 企画プロデューサー)

誰でも気軽に映像が作れる時代なのに、
なぜエンタメ作品を作れるチャンスはこんなにも少ないかと感じることがあります。
『いつか自分の作品を作るために』と日々努力を積み重ねている
私と同じU35世代のクリエイターと、
“本当に面白い”と思う作品を一緒に作っていきたい。

その想いから、Hulu U35クリエイターズ・チャレンジを立ち上げました。
皆さんの「オリジナリティ」「アイディア」「キャラクター」を盛り込んだ、
これまでに見たことのない【ストーリー】を教えて下さい。
是非、一緒に作り上げましょう!

<Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ 概要>
◆名称:Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ(通称:HU(エイチユー)35)
◆募集期間:2021年3月31日(水)~5月9日(日)23時59分まで
◆審査スケジュール
・一次選考:2021年5月10日(月)~5月23日(日)
・二次選考:2021年6月14日(月)~6月27日(日)
・三次選考:2021年7月下旬~8月上旬
・ファイナリストによる短編作品 制作準備・制作期間:2021年8月~2022年2月
・短編作品配信:2022年2月中旬
・最終審査会:2022年3月
◆公式HP:http://HU35.jp/
◆公式Twitter:https://twitter.com/U35_hulu
主催・企画・製作/HJホールディングス株式会社
制作・運営/東京テアトル株式会社